(+66) 2 987 1837〜9

業務内容

F-1 TOOLS タイランド > Product and Service > ワーク・材料の自動検査

ワーク・材料の自動検査

製造ラインでは、品質を維持するため多くの検査装置が用いられます。手法も様々で、外観形状、寸法精度、質量等が主な検査要素となります。これら検査装置に検査対象物を自動で投入、検査結果の取得、判定後の送りを行う装置を設計開発します。検査項目としては主に下記のものが挙げられます。

・シャフトの外径、長さ

・パイプの外径、長さ、横穴

・外観のキズ、打コン

・切粉残り

ショートショット

主に射出成形品に見られる樹脂充填不良 (成形不良) のことを指します。この現象が発生する原因としては、加熱されて軟化した樹脂が金型末端に届く前に冷却硬化してしまう、または射出中に空気溜まりが生じ、部分的に不十分な充填が行われることが挙げられます。

ガス焼け

射出成形の過程では、もともと金型内部に入っている空気と、材料から発生した空気が、樹脂に置き換わる必要があります。通常は、成形の過程で金型の隙間から押し出されていく空気が、抜けきらずに圧縮&高温化して焼けとして発生するものが「ガス焼け」となります。