(+66) 2 987 1837〜9

業務内容

F-1 TOOLS タイランド > Product and Service > ロボットティーチング

ロボットティーチング

主要メーカー製ロボットの動作プログラムを作成します。対応可能なロボットの種類としては下記の4種が挙げられます。

垂直多関節ロボット

垂直多関節ロボットとは産業用ロボットの一種で、一般的には人間の腕に近い構造のものを指します。軸数は4軸、5軸、6軸のものが一般的ですが、近年では7軸以上を持つものもあります。原理上は、6軸あれば、手先の位置と姿勢を一通りカバーできるようになりますが、軸数が多いほど様々な姿勢を取ることが可能で汎用性が高くなります。このため、障害物を回り込んで回避することが容易という7軸タイプの垂直多関節ロボットが販売されています。

協働ロボット

従来の産業用ロボットは、出力が非常に大きいものが多く、安全上、人間とは物理的に隔離した状態で作業を行わせる必要がありました。協働ロボットは、従来の産業用ロボットと比較した場合、小型、軽量に作られており、省スペースでの運用が可能となっています。また、大がかりな安全システムが不要な一方、従来の産業用ロボットと比較すると、出力が弱く非力となっている。

直交ロボット

2軸もしくは3軸の直交するスライド軸により構成されており、補助的な回転軸を持つこともあるロボットです。小さな部品の組み立てや、半導体、医療、薬品の分野で使われており、以前は溶接を行うような大型ものもあったが、近年では小型なものが主流。

スカラロボット
(水平多関節ロボット)

産業用ロボットの一種で、水平方向にアームが動作するロボット。スカラ(SCARA)とはSelective Compliance Assembly Robot Armの略で、SCARA型ロボット、スカラロボットと呼ばれています。このロボットは4自由度構成で、平面3自由度の位置決めとアーム先端の上下運動による押し込み動作が可能。水平方向にコンプライアンス (柔らかさ) を持ちながら、最後のスライド軸は傾きにくいようになっているため、部品を押し込む動作を実現しやすいのが特徴です。